2005年12月14日

【Internet Explorer系ブラウザについて】

オタバ運営チームです。オタバをご利用いただき、誠にありがとうございます。
このたびInternet Explorer系ブラウザとの相性問題への対応を行いましたので、
以下のご報告をご覧ください。


■オタバのInternetExplorer系ブラウザとの相性問題への対応

12/10まで行っておりましたメンテナンス後、InternetExplorerおよび
内部でこれを使用しているブラウザ(以後IE系ブラウザと呼びます)を
ご利用の方々を中心に、以前より重くなったというご報告を頂いております。

本件について調査しましたところ、その原因の一つは、
IE系ブラウザに、KeepAlive(*1)を正しく処理できないという不具合があり、
サーバー/ネットワークの負荷をさせるために行ったバージョンアップと
設定変更によって、この問題が発生するようになってしまったのではないか
と考えています。

この問題に対応するための対策としまして、IE系のブラウザからの
アクセスであると判明した場合はKeepAliveを無効にするという処置を
行うように致しました。
具体的には、ブラウザがUser-Agent(*2)に"MSIE"という文字を含めてきた
場合は強制的にKeep-Aliveを無効にするようにしました。
しかしながら、IE系ブラウザの一種であるSleipnirは、"Sleipnir"のみで
"MSIE"という文字を送らないバージョンが存在するようですのでそれにも
後から対応させてあります。

ただしプロクシをご利用の方は、一部のプロクシがUser-Agentを勝手に
書き換えてしまうものがありますので、IE系ブラウザをプロクシを介して
ご利用の方はご注意ください。
Keep-Aliveはネットワークやサーバーの負荷軽減に効果があるものですので、
問題を解決するためとはいえ全面的に無効にする予定は
現在のところありません。(あまりひどければ検討します。)

また、今後よりよい対応方法が見つかれば早急に実施したいと思います。
これからもオタバをよろしくお願い致します。


■用語解説

(*1) Keep-Alive

主にネットワークやサーバーの負荷を減らすために策定された仕組みです。
従来は1つのWebページが、(HTMLファイルや多数の画像がある等によって)
10個のファイルから構成されていたとすると、サーバーへ10回接続する
ようになっていました。しかしこれでは、接続・切断処理が多くなり、
コンピューターの負荷や通信データ量、応答時間が無駄に増加して
しまいます。そこで、1度の接続で複数のファイルを転送できるように
と策定されたのがKeep-Aliveです。

しかしながらIE系ブラウザはまれに、2つ目以降のファイルを転送する
タイミングを見逃してしまい、サーバーが接続を強制的に切断するまで
黙り込んでしまう不具合があるようです。
そして運悪く、オタバのトップページ(http://otaba.jp)では
この現象が発生してしまうようです。

しかしながら、どういう条件が揃うとこの不具合が発生するのか
につきましては現在のところよくわかっていません。


(*2) User-Agent

ブラウザが、サーバーに自分のブラウザの種類を申告するためのものです。
一般的にブラウザ名称とOSの名称が送信されます。携帯電話からアクセス
している場合には携帯電話のサービス会社名や機種名も入ります。

サーバーはこの情報を元にして、例えば携帯伝からのアクセスであることが
わかれば、携帯電話向けのレイアウトの画面データを送るなどといった
処理を行うことができます。
posted by オタバ運営チーム at 00:55| トラブル関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。